コミュニケーション能力ってなんだろう?

皆さんは「コミュニケーション能力が高い人」と聞いて、どんな人を思い浮かべますか?
20代の若かりし頃、私はこんなイメージでした。

<コミュニケーション能力が高い人のイメージ>
・よく喋る人
・積極的な人
・明るい人
・誰とでも仲良くなれる人 …

このような、いわゆる協調性が高く外交的なイメージが強いのではないでしょうか。
そういった自負がある人は
「コミュニケーション能力に自信があります!」と就職試験でアピールしたり。

でも、社会に出て10年以上経ち、感じていることがあります。
実際にコミュニケーション能力が高いって、こんな人なんじゃないかと…

<コミュニケーション能力が高い人のリアル>
・余計なことを言わず、簡潔に意見を述べられる
・発言の適切なタイミングを図れる
・人の話を遮らず傾聴できる
・人と一定の距離感を保てる
・誰とでも平等に接する

若い頃イメージしていた人物像とだいぶ違う…
もう太陽と月くらい違いますね(笑)

 

もちろん上手に喋ることは重要なのですが、私達は噺家ではないので、流暢に喋る必要もなく。
協調性も大事ですが、たくさん喋るから周りと仲良くなれるわけでもなく。 

いかに
「人の話を聞くか」
「人が話したいと思っていることを引き出せるか」
「話の流れや場の雰囲気を壊さずに会話に参加できるか」
「人の気分を害さずに、自分の意見を述べられるか」
「近すぎず遠からずの距離感を保てるか」

が結構重要な気がしています。
でも、これが案外難しい…
どうしても自分のことを喋りたいのが人間のサガなんですよね。

だからこそ、
自分の喋りたい欲求を抑えて会話を傾聴する
会話の本質・本筋を捉える
相手の感情を尊重する…
などが、「コミュニケーション能力」と呼ばれる1つの能力になり得るじゃないかなと。

ビジネス上だけではなく、
友人関係、ご近所さん、パートナー、お子さんとの関係でも同じですよね。
(気になっても)あまり詮索せず、相手が喋りたそうであれば聞けば良し、
喋りたくなさそうであれば何も聞かない。
ヨソはヨソ、ウチはウチ(笑)

「親しき仲にも礼儀あり」と昔から言いますが、
オトナになって、まさにそうだな…身を引き締めている今日この頃です。

 

おすすめの記事