CATEGORY 未分類

ひかりのくに【novel】

それがどれだけ人工的なものだと分かっていても、私は夜景が好きでした。 空から見降ろす無数の町灯りは、人間の営み…