どんな職種に分かれているの?ITエンジニアの種類を知ろう!

 

ITエンジニアは6つの種類に分類できます。システム、プログラマ、ネットワーク、データ、web、エンベデッドです。各々の分野が得意な専門的技術を生かし、足りない部分を相互に補いあいながら連携しています。

『エンジニア』は各IT分野のトップエージェント!

“エンジニア”とは、工学的な知識が深い技術者のことを指します。幅広い分野に職務が分かれており、種々の専門性細かく分かれて業務を行っています。本記事では、その中から“IT”のエンジニアに焦点を絞って種類と職務内容をお伝えします。ITエンジニアは、ITに関わる専門的知識を生かした技術者を指す総称です。主に6つの職種に分類することが出来ます。システム、プログラマ、ネットワーク、データ、web、エンベデッドです。

そのお仕事内容は?

システムはデータ管理、経理などのシステムを作りあげて設計書に書き起こすのが主な業務です。プログラマはシステムに基づいてプログラミングを書き起こす業務を担当します。得意とするプログラミング言語を持って仕事に生かしている場合が多いため、プログラマを目指す方は言語の勉強が不可欠です。ネットワークとデータベースは、ネットワーク・データベースの設計や運営の保守を各々行います。システム構築に関わることが多く、システムの設計や構築の業務と同様にどちらも非常に高い専門性が求められます。webははweb利用に特化した設計の構築です。近代ではweb文化が盛んなため、花形の業務のひとつといえます。エンベデッドは電子機器に組み込まれているコンピュータの設計に携わる専門家です。いわゆる“マイコン”と呼ばれる電子部品で、自動車や飛行機の部品にも使用されている大切なパーツを扱っています。

 

以上のように、6つの職種が相互に補いあいながら得意分野を生かして連携しています。

Facebook Comments

にほんブログ村 その他生活ブログへブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA